マレーシア・シンガポール投資環境視察旅行


2012年4月3日から4月7日の4泊5日でマレーシア・シンガポール投資視察旅行を実施

マレーシア

1)バセッティ本社視察

データ通信に特化した通信事業会社(マレーシア第3位)を傘下に置き、不動産開発事業も経営する東南アジアのコングロマリットグループ

2)スランゴール州テンプラー地区不動産開発プロジェクト視察

大規模不動産開発プロジェクト。マレーシアで唯一となる日本人経営のゴルフ場として20年以上の実績を持ち、コースはプロゴルファーの尾崎将司氏の設計でマレーシアオープン開催地のひとつである。ここに、ジャパンエコタウンという構想もある。

3)計画都市プトラジャ

マハティール首相により計画された未来都市。

シンガポール

1)ナッタマリーナ・ベイ・サイズ

宿泊利用。日本ではSMAPによるソフトバンクのCMで有名に。

2)シンガポール保税区視察

シンガポール政府とスイス政府が共同で開発した、世界有数のオークショングループであるクリスティーズや世界有数の投資銀行が利用する保税区を視察

3)MALCA-AMITを視察

MALCA-AMIT= シンガポールフリーボートの税倉庫。シンガポール、チャンギ空港に隣接した、独自のDUTY-FREEゾーンにて運営する最先端技術を備えた世界で最も大規模な施設です。
セキュリティ万全。金銀地金、ダイヤモンドなどの物的資産を安全に保護し、完全な機密保持、安全性、完全補償保険の提供をしている。

今回の視察について

香港を中心とするアジア金融に深く造詣と豊富な実務経験を持ち、今年の2月よりバセッティジャパン代表となられた仲村知之氏により実現しました。
革新的なビジネスモデルの発信地として注目されているマレーシアと日本企業の架け橋となるべき、香港を含む3拠点で幅広く活躍中です。

Comments are closed.