H24年度診療報酬・介護報酬同時改定のポイント


今回は、6年に一度のダブル改定

平成24年度 診療報酬の改定率

全体改定率 +0.004%

診療報酬本 +1.379%

医科 +1.55%

歯科 +1.55%

調剤 +0.46%

薬価改定等 ▲1.375%

平成24年度 介護報酬改訂率

改定率 +1.2%

在宅分 +1.0%

施設分 +0.2%

今後の経営者の課題として超高齢者社会となる2025年の医療の姿を見据えつつ、病院・病床機能の分化・強化と在宅医療の充実、効率化等の推進に取り組む必要があります。

診療報酬改定のポイント

小数点第3位までの表示でプラスとなっていますが、実質的にはマイナスです。

今回は、歯科が1.79%プラスとなっており歯科の主な改定は通常のものを少しずつアップさせています。また、新設として、歯科用3次元エックス線断層撮影(撮影料600点、診断料450点)があります。

介護報酬改定のポイント

+1.2%となっていますが、介護処遇改善交付金の終了により、実質的には0.8%程度のマイナス改定となります。

Comments are closed.